妊活・プレママが気になるカフェイン事情まとめ

妊娠中はカフェインを控えるべきであるとよく聞きます。

 

妊婦

 

また、コーヒーはもちろんですが、カフェインは意外なものにも含まれていたりします。

 

何に含まれ、どうして控えるべきなのでしょう?

 

そんな妊活、プレママが気になるカフェイン事情をまとめました。

 

カフェインが妊婦さんによくない理由

 

カフェインには精神興奮作用があり、大量に採ると中毒症状を起こします。

 

このことから、妊娠中の大量なカフェイン摂取は胎児や乳幼児に有害な作用を及ぼす可能性があると考えられてきました。

 

カフェインが大量に含まれたドリンクを多量摂取して死亡したニュースは、記憶に新しいですね。

 

妊婦のカフェイン摂取と胎児への影響については、以前からさまざまな専門家が実験や調査を行っており、現在では過剰なカフェイン摂取が低体重児出産のリスクを増やすことが認められています。

 

ほか、早期産や死産・新生児の発達遅延に、プレママや授乳ママが摂取するカフェインが影響しているとする専門家もいて、カフェインはママたちが念のため控えるべきものの代表格とされてきました。

 

アルコール類なども含め、赤ちゃんに影響があるかもしれないといわれているものは、なるべく避けたいものですね。

 

カフェインが含まれている身近な飲み物

 

「これなら安心?」とうっかり大量に飲んでしまうのを避けるため、特に身近なものに絞って、カフェインが含まれた飲料を紹介します。

 

低体重児出産のリスクがあるカフェイン摂取量は300mg/日以上とされており、できればリスク回避のためにも100mg/日未満に抑えたほうがよいという研究結果も出ていますから、カフェインの摂り過ぎに防ぐための参考にしてください。

 

コーヒー

 

コーヒー

 

カフェインといえば、みんなが思いつくのがコーヒーですよね。

 

コーヒーの浸出液(いわゆるドリップコーヒー)のカフェイン含有量は、150mlにつき約60mgです。

 

ただ、150mlというのはせいぜいティーカップ1杯なので、コーヒーカップでがぶがぶ飲む人は、2倍、3倍と摂取していそうです。

 

特大のコーヒーカップに1杯なら、カフェイン量が100mgを超えることは充分に考えられます。気をつけましょう。

 

玉露

 

玉露

 

日本茶の中でも特に美味しいと思わせる玉露にも、カフェインが含まれています。その含有量は、なんと60mlで約160mg。そう、コーヒーよりも高いのです!

 

一服するだけで、一日の摂取適正量を超えてしまいます。

 

煎茶

 

煎茶

 

日本人のもっとも日常的な飲み物は、煎茶ではないでしょうか。煎茶にも、カフェインが入っています。

 

430mlで約20mgなので、煎茶やコーヒーよりも比較的含有量は低いですが、三度の食事の後に煎茶が恋しくなるという人には辛いかもしれません。

 

番茶・ほうじ茶・玄米茶

 

ほうじ茶

 

3つまとめてご紹介します。悲しい日本茶シリーズになってしまいました。

 

「煎茶がダメなら」と、このあたりに手を伸ばした人はいませんか。それぞれ650mlにつき、番茶は約10mg、ほうじ茶は約20mg、玄米茶は約10mgのカフェインが入っています。

 

コーヒーや玉露に比べれば微々たる含有量ですが、500mlのペットボトルのお茶をすっからかんにするまで時間がかからないほどの水分好きは注意しましょう。

 

ウーロン茶

 

ウーロン茶

 

食事のお供としておなじみのウーロン茶にも、カフェインが含まれています。ほうじ茶と同じで、650mlにつき約20mgです。

 

一日に数杯程度なら大丈夫そうですが、食事中にエンドレスで飲んでいるような人は、少し控えたほうがいいでしょう。

 

紅茶

 

紅茶

 

紅茶にも、360mlで約30mgのカフェインが含まれています。

 

どうしても嗜好品が飲みたい!という人には、ミルクたっぷりの紅茶がおすすめです。

 

少しの量でも、満足感が味わえます。

 

ココア

 

ココア

 

ココアにも、カフェインが含まれています。

 

ミルクココアとして製品となっているココアのカフェイン含有量は微々たるものですが、ココアのカフェインの由来はカカオ豆から来ています。

 

ですから、カカオを原料の一部とするチョコレートにも含まれていることになります。

 

チョコレートのカフェイン含有量は、製品によって違うといわざるを得ません。

 

慎重になりたいなら、大量に食べるのは控えましょう。

 

栄養ドリンク

 

栄養ドリンク

 

子育て中につかれると、ついついOL時代に愛飲していた栄養ドリンクに手が伸びてしまう……そんなママは要注意です。

 

栄養ドリンクの成分表には、カフェイン量が記載されていることが多いので、買う前にきちんと確認しましょう。

 

間違えやすい!カフェインが入っていない飲み物

 

麦茶

 

麦茶

 

日常的に愛飲している飲み物が、ことごとくカフェイン入りだったからといって、すべてを諦めてはいけません。

 

そう、麦茶はノンカフェインドリンクの代表選手です。

 

妊娠中から授乳期までは、カフェインが入っている飲み物はたしなむ程度にし、水分補給は麦茶やお水と決めて毎日を乗り切りましょう。

 

まとめ

 

以上、いろいろな飲み物のカフェイン含有量についてお伝えしました。

 

コーヒーなら1杯は大丈夫なように、今回紹介した飲み物を絶対に飲んではならないということではありません。

 

あまり神経質になることなく、リラックスしたいときには少しだけ楽しむことにしましょう。

 

ママの精神状態が安定しているのも、赤ちゃんにとっては大事なことです。