不妊の原因につながる冷え性を改善する方法

女性に多い冷え性は、不妊の大きな要因となっています。

 

身体の冷えは、東洋医学ではさまざまな病気の元とも言われていて、妊娠力にも大きく影響しています。

 

妊活中の女性は、夏のクーラーや冬の寒さによって起こる冷え性に要注意です。

 

ここでは女性に多く見られる冷え性を改善して、妊娠しやすい身体にしてくれる食べ物やサプリメントなどについて紹介します。

 

冷え性を改善に高麗人参や生姜

 

冷え性の改善には、やはり昔から言われている高麗人参や生姜は有効で、体の巡りを良くし、体を温める成分が含まれるものがオススメです。

 

身体を温めてくれる効果が期待できるのは、燃焼サポートの働きがあるヒハツや生姜・唐辛子などです。

 

ショウガや唐辛子は冷え性対策の定番の成分で、ヒハツにも身体の中から燃焼をしっかり助けてくれる働きがあります。

 

燃焼系のサプリメントや食べ物は、すぐに身体がぽかぽかするのを実感できるものの持続力が弱めで、毎日続けて食べることで体の冷えを弱めていきます。

 

次に身体の巡りを良くしてくれる成分には、高麗人参があります。

 

滋養強壮で知られる高麗人参は、身体の巡りサポートの働きもあるので、冷え性対策にも優れた効果が期待できます。

 

身体の巡りを良くしてくれる成分には、即効性は期待できないものの持続力が高いです。

 

どちらにしても、飲んだり食べたりしてすぐに体が変化するわけではないので、続けていくことで体質改善を促します。

 

不妊にも注目のマカも冷え性対策におすすめ!

 

男性の精力剤として、また滋養強壮のイメージが強いマカですが、最近では、女性特有の悩みや不妊にも期待できるとして注目を集めています。

 

男性のような筋肉がないため、女性はどうしても冷えやすい体の構造になっているのですが、そのような冷え性を改善しホルモンバランスを整える働きもあります。

 

さらに、疲労にも強力にアプローチしてくれる働きがあるので、、女性の利用者も急激に増えています。

 

冷え性をはじめ、女性ならではの悩みをしっかりサポートしてくれるマカは、冷え性を改善して妊娠しやすい身体を目指す女性にとって外せない成分です。

 

生活習慣を見直すことも大切!

 

冷え性は、あらゆる病気や不妊の原因になるので、サプリメントで冷え症にアプローチする成分を補給しながら、生活習慣を見直すことも大切です。

 

暴飲暴食や睡眠不足など、毎日の生活習慣を見直すことは、冷え性を根本から改善するために必要です。

 

現代は欧米食が一般的になりつつあるため、どうしても食事の栄養バランスが悪くなってしまいがちです。

 

食事のバランスを考え、栄養をしっかりと摂りましょう。

 

体を冷やすものは出来るだけ避ける

 

普段から何気に食べている食べ物や飲み物の中には、陰と呼ばれる体を冷やすものが多くあります。

 

例えば、コーヒーやお茶は温かく飲んでも体を冷やす働きがあります。

 

また、夏に取れる野菜・果物(きゅうり・スイカなど)は体を冷やす効果があるものが多いです。

 

もちろん、暑い時期に食べたくなるアイスやジュースなども体を冷やしてしまうので、妊活中は出来る限り避けるようにしてください。

 

体を温めるもの

 

たんぱく質(お肉や玉子・魚)は体を温める働きがありますので、できればしっかりと摂りたい食べ物です。

 

ただ、魚は水銀を含んでいる可能性があるため、妊活中の方や妊娠中の方は避けられる方も多いと思います。

 

オススメなのはカロリーも低く、たんぱく質が豊富な鶏の胸肉です。

 

脂身がなくパサパサするので敬遠しがちな人も多いのですが、料理の仕方で美味しく食べられますので、是非お試しください。

 

■参考レシピ
鶏の胸肉料理(クックパッド)

 

後は身体を動かしたり、ゆっくりと湯船に浸かることも冷え性を改善するのに役立ちます。