女性ホルモンと似た作用を持つ成分

美肌やバストアップなど、女性の美容に良いと言われるイソフラボンは、妊活中の女性も積極的に摂りたい成分です。

 

近年はPMSによる症状を和らげてくれる働きもあることがわかっていますので、女性に嬉しい効果が多い栄養成分なのです。

 

そのイソフラボンがどうして妊活中の女性に良いのか、またイソフラボン配合の不妊サプリメントの選び方も併せて紹介します。

 

妊活中の女性におすすめのイソフラボン

 

女性にとって嬉しい効果が期待されるイソフラボンは、大豆製品から抽出されるフラボノイドの一種です。

 

イソフラボンがどうして美肌やバストアップなどの美容や妊活中の女性に良いと言われているかですが、それはイソフラボン特有の性質に理由があります。

 

イソフラボンの分子構造が、女性ホルモンの一種であるエストロゲンにとても似ているからです。

 

そのためストレスや加齢などで乱れがちになる女性ホルモンのバランスを整えて、女性本来の機能をサポートしてくれる効果が期待できるのです。

 

エストロゲンの働き

 

女性らしい美しい肌やボディライン・髪などは、このエストロゲンの働きによるものです。

 

また、子宮内膜の形成や排卵のタイミングを調整する役割もあります。

 

ですから不妊・妊活中の女性は、イソフラボンを積極的に摂るのがおすすめです。

 

食事からでは十分に摂取できない!

 

イソフラボンは大豆製品に多く含まれる成分なので、豆腐や納豆・厚揚げなどをたくさん食べれば、十分に摂取できると思いますよね。

 

実際、美容のために大豆製品や豆乳など、たくさん食べている女性も多いのではないでしょうか。

 

しかし残念なことに、大豆製品にはイソフラボンが豊富に含まれていることは確かなのですが、たくさん食べてもイソフラボンの効果が十分に発揮されないことがわかっています。

 

体に吸収されにくいグリコシド型

 

大豆由来のイソフラボンには、グリコシド型イソフラボンとアグリコン型イソフラボンの2種類があり、前者の場合、分子量が大きいために身体に吸収されにくいです。

 

豆腐や納豆などの大豆製品のほとんどが、実は吸収率の悪いグリコシド型イソフラボンなのです。

 

効率よく摂取できるサプリの選び方と注意事項

 

大豆製品に含まれるイソフラボンのほとんどが「グリコシド型イソフラボン」ですが、唯一お味噌だけが吸収率の良い「アグリコン型イソフラボン」です。

 

しかし、お味噌には塩分も多いため摂取量も限られます。
(※夏場は汗をかきますので、塩分も摂れるお味噌汁はオススメです。)

 

塩分を沢山摂ることは体に悪いですから、塩分を気にせず摂れるイソフラボン配合の不妊サプリを利用するのがおすすめです。

 

不妊サプリに配合されているイソフラボンの多くは、体に吸収されやすいアグリコン型イソフラボンなので体内への吸収率も高く、その他の妊娠しやすい体を作る栄養素も配合されていますので、相乗効果が期待できてオススメです。

 

注意点

 

どんなに体に良いものでも、食べすぎ飲みすぎは体に悪影響を及ぼすことがあります。

 

例えばこのイソフラボンは、1日の摂取目安量の上限値を70〜75mgと食品安全委員会が定めています。

 

つまり、この摂取量を毎日超えて摂取することはよくありません。

 

ですが、普段からよく食べる大豆製品は吸収率が悪く、摂取量が少なくなりがちです。

 

実は食品安全委員会では、「サプリメントなどの摂取は1日当たり30mgまでが望ましい」と紹介されています。

 

そのため、不妊サプリメントを選ぶ際に、イソフラボンの含有量をチェックし、30mgを超えていない製品を選ぶことが大切です。