妊娠力を高める漢方の力!

漢方の力を利用した、不妊サプリメントもおすすめです。

 

漢方薬

 

漢方薬の魅力は、自分に体質にぴったりの漢方薬が作れることで、漢方の力で妊娠しやすい身体に導いてくれるだけでなく、そのほかの嬉しい効能も期待できることも大きなメリットです。

 

自分の体質に合った漢方薬が作れることが魅力!

 

漢方薬とは天然の生薬を体質や症状に合わせ数種類まぜあわせて作られたものです。

 

それぞれの体質や症状に応じた漢方薬が作れることが魅力で、妊活力アップのサポートもしてくれます。

 

自分で生薬の効能などを調べて選ぶのも良いですが、漢方薬局で体質や症状を診てもらってから漢方薬を選べば、より安心して利用できます。

 

妊娠しやすい身体になるために、冷えや血行不良の症状がある人にはそれに効く漢方薬が勧められます。

 

漢方の力で、身体本来の機能を整えることができるので、自然と健康な身体、妊娠しやすい身体になれます。

 

副作用などの心配もほとんどないので、安心して続けられることも魅力です。

 

妊娠力を上げるためにおすすめの漢方薬

 

実にさまざまな種類がある漢方薬ですから、不妊のための漢方薬もいろいろとあります。

 

実際に漢方薬局などで体質、症状などに合わせて選んでもらうのが理想的ですが、生理不順や生理痛などに効く漢方薬があるので、ネットなどで調べて手軽に購入することもできます。

 

冷え症や血流改善から不妊、さらに産後の体力低下にも効能があるとされる生薬が複数配合された漢方薬があります。

 

貧血気味、虚弱体質、気分がふさぎやすい人におすすめのものなど、それぞれの体質や細かい症状などを見ながら選ぶのが漢方薬です。

 

ドラッグストアやネット通販からでも、不妊に効く漢方薬は購入できますが、病気治療中の方や妊娠中の方、胃腸が弱い人などは、事前に薬剤師や医師に相談してください。

 

痒みや吐き気、発疹などの副作用が起こることも稀にあるので注意が必要です。

 

また1か月程度飲んでみても、あまり変化がないようであれば、薬剤師に相談してください。

 

ドラッグストアで販売されているものはNG!

 

ダメ!

 

漢方薬は薬局や病院・ドラッグストア・ネットなどで簡単に手に入れることが出来ます。

 

ですが、本音から言えばオススメしません。

 

理由は「漢方はその方の不調などを聞いて一から調合するもの」だからです。

 

同じ不妊が悩みだとしても、冷えからなのか体調不良なのか、それとも別の・・・というように、個々で原因が必ず違います。

 

そのため、薬剤師が個々の症状を時間をかけて聞き、それぞれの症状に応じた薬剤を調合し、その方専用の薬を作るのが漢方なのです。

 

ところが、市販されているものは個々に合った薬剤を調合していません。

 

あくまでも万人ウケするものであるため、悩みが深い人は効果を感じない人が多いです。

 

「漢方に効果がなかった」と口コミなどで紹介されている大半は、市販されている漢方薬の感想が多いです。

 

なので、あまり鵜呑みにしないことをオススメします。

 

オリジナルの漢方の欠点

 

デメリット

 

ただし、当然デメリットもあります。

 

それは「値段が高い」ということです。

 

市販されているものは1000円から2000円程度で購入できますが、個々に応じた漢方薬を処方するとなると月に1〜10万程度かかります(2〜3万が多い)。

 

これを大体6ヶ月間は飲み続ける必要があるので、仮に月3万円だった場合、トータルで18万円もかかってしまいます。

 

そのため、ある程度お金に余裕がなければ手を出せないのが、デメリットとなります。

 

漢方薬の飲み方

 

漢方薬でも他の不妊サプリメントでも、じっくりとある程度の期間、毎日コツコツ続けて飲むことが大切です。

 

食事の30分前や、食間=食事の2時間後に水や白湯と一緒に飲むことが大切です。

 

空腹時に飲むのがポイントで、そうしないと胃の中に入っている食べ物と混ざり合い、漢方の効果が半減してしまいます。

 

夏場でも冷たい水と飲むのは避けて白湯で飲むのが理想的です。

 

冷えは妊娠したい女性の大敵ですから、日頃から冷たい飲み物ではなく白湯を飲む習慣をつけることもおすすめです。

 

妊活中や妊娠中の女性の方は、推奨されている葉酸サプリと漢方薬を併用して飲むのもおすすめです。

 

漢方の力と葉酸の相乗効果が期待できます。

 

同時に飲むのではなくて、葉酸サプリは寝る前に飲むなどして同時摂取を避けるようにしてください。