意識が低い男性の不妊症対策

妊活中から妊娠初期にかけての女性は、積極的にサプリメントを利用しているかと思います。

 

ところが、男性の意識はまだ低く、男性が不妊に対して消極的な傾向にあります。

 

妊娠前から推奨されている葉酸は、女性だけではなく男性の不妊にも必要な栄養素で、夫婦で一緒に摂取することで、不妊を予防し妊娠力を高めることが期待されます。

 

他にも、男性不妊のためにおすすめしたいサプリメントがありますので、併せてご紹介します。

 

男性の不妊症解消におすすめの葉酸

 

不妊に悩む夫婦のおよそ”3割が男性不妊が原因”と言われています。

 

葉酸には妊娠力をアップするほか、先天性異常のリスクを下げる効果が期待されることはご存知かと思います。

 

実は知らない方も多いですが、男性の葉酸不足でも、不妊や先天性異常のリスクが高くなると言われています。

 

葉酸は、卵子だけではなくて精子の分裂にも関係している成分であり、卵子や精子の分裂が正常に行われ受精すれば、先天性異常のリスクも下がります。

 

ところが、卵子や精子の分裂が正常に行われず、染色体異常が発生した卵子や精子が受精すると、先天性異常のリスクが上がると言われています。

 

先天性異常があれば、初期流産にもつながります。

 

そのため、女性だけでなく男性も葉酸を十分に摂っておくことで、不妊や流産などのリスクを低下させることができるので、男性もしっかりと摂取してほしい栄養成分です。

 

男性の多くが葉酸不足!

 

厚生労働省が推奨し、母子手帳にも紹介されていることから、妊活されている女性の方は、積極的に葉酸を摂っていると思います。

 

ただ、先ほども紹介しましたが、男性はまだまだ積極的ではなく、むしろ女性の方が葉酸などの不妊サプリメントを摂っているから、大丈夫だと思っている男性も多いようです。

 

しかし、男性の葉酸不足は先ほども説明したように、先天性異常や流産・不妊の原因となりますから、元気な赤ちゃんを授かるためには、男性も葉酸不足にならないように、食事やサプリメントから葉酸を摂ることが大切です。

 

どんなに女性が頑張って葉酸をたくさん摂っても、男性側が葉酸不足であれば妊娠する確率も低下し、胎児の奇形リスクもアップすることが分かっています。

 

妊活中の男性が1日に必要な摂取量

 

男性の不妊対策のために、1日に必要とされる葉酸の摂取目安は240μgとされています。

 

女性の葉酸の推奨量400μgであり、およそ半分の量が男性には必要です。

 

男性の場合は、精子が出来るまでに3か月程度は必要になるので、できれば3か月前にはサプリメントで十分な量を摂るのが理想的です。

 

マカやザクロの不妊サプリメントもおすすめ!

 

男性の不妊対策には、葉酸だけでなくマカやザクロなどもおすすめです。

 

これらの成分は、女性の不妊対策に推奨されているものですが、男性も一緒に摂るのがおすすめです。

 

マカには、精力アップの滋養強壮の効果だけでなく、精巣機能を活性化する働きがあるので、精子の数を増やし運動率を上げてくれる効果も期待できます。

 

女性の成分というイメージがあるザクロも、生殖能力の向上や精液の濃度を高めるなどの効果が期待できます。