有名雑誌でも取り上げられる話題のお茶

たんぽぽと言えば、妊娠中や授乳中のママに嬉しいカフェインレスのタンポポ茶を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 

タンポポ茶

 

妊娠中や授乳中にコーヒーを飲みたいときにも安心して飲めて、さらに母乳の出も良くしてくれるタンポポ茶ですが、このタンポポには、女性の身体を整えて不妊にも役立ってくれます。

 

タンポポエキスが不妊に良いとされる理由

 

タンポポコーヒーという名前でも有名なタンポポ茶ですが、これは主に根の部分を乾燥させてコーヒー豆のように焙煎して粗挽きをしたものです。

 

少し薄めのコーヒーのような味わいで、カフェインレスなので妊娠中や授乳中のママを中心にして人気があります。

 

ヨーロッパでの歴史は古く、さまざまな症状を緩和する働きもあるので人々に愛飲されてきました。

 

日本では母乳の出も良くする働きがあることで広まったたんぽぽ茶ですが、女性の妊活・不妊にも良いということが分かり注目を集めています。

 

タンポポから抽出されるタンポポエキスには、卵胞の発育をサポートして、子宮内膜の血液の巡りを改善するなどの働きが期待されています。

 

卵巣の中で卵胞がしっかり成熟するために働く卵胞刺激ホルモンがあるのですが、この卵胞刺激ホルモンの分泌をタンポポエキスに含まれている成分が促してくれるのです。

 

他に、毛細血管を広げる働きがあるので血行が良くなるといわれています。

 

女性に多い冷え解消にも役立ち、子宮内にも栄養がしっかりと行き届くので、妊娠しやすい身体へと導いてくれます。

 

また、女性ホルモンの分泌を促しバランスを整えてくれる働きもあるとされています。

 

卵巣機能を活性化させてくれる働きや、血行を促してくれる働き、そして女性ホルモンの分泌を促す働きが期待できるのがタンポポエキスなのです。

 

不妊にも多いに期待される成分です。

 

たんぽぽは部位によって効果が違う!

 

たんぽぽの花

 

たんぽぽは、部位によって効果が異なります。

 

タンポポコーヒーなどで使用される根の部分は、抗菌作用や肝臓浄化作用などの働きがあり、不妊のための効果が期待できるのはタンポポの葉から抽出されるタンポポエキスです。

 

不妊のために利用するなら、タンポポコーヒーよりもタンポポの葉から抽出されるタンポポエキスが配合されたお茶やサプリメントがおすすめです。

 

タンポポエキス配合のお茶やサプリの副作用

 

たんぽぽには利尿作用もあるため、寝る前などには避けた方が良いでしょう。

 

ただ、この利尿作用によって妊娠期特有のむくみ解消にも役立ちますので、副作用といえるか微妙です。

 

基本的にはタンポポは副作用などの心配がありませんし、ノンカフェインなので安心して飲むことが出来ます。

 

根と葉の部分では期待できる効果も異なるので、不妊治療で選択する場合、たんぽぽの葉が利用されたタンポポエキスが配合されているかどうかを確認しましょう。