着床率を高めるサプリ

妊娠するためには、着床する確率を高めることが大切です。

 

着床する確率を高めるためには、ホルモンバランスを整えることが特に大切だと言われており、日ごろの生活習慣の見直しも大切です。

 

着床率を高めるための不妊治療などもありますが、薬に頼らず妊娠したい方には不妊サプリメントがオススメです。

 

ここでは着床率を高めるサプリを紹介したいと思います。

 

卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンをアップするマカ

 

不妊治療の中では、排卵後の黄体ホルモン補給療法などがありますが、似たような働きがあるマカを摂取することで、着床率を高めることが出来ます。

 

これはラットを使った実験になりますが、マカを与えられたラットは卵胞刺激ホルモンが19倍に、黄体形成ホルモンは4.5倍と大幅にアップしたことが分かっています。

 

卵胞刺激ホルモンは、卵巣内で未成熟の卵胞の成長を促進するために必要なホルモンで、黄体ホルモンは着床に備えて子宮内膜を厚くして妊娠を継続させるために基礎体温を上げるなどの働きがある大切なホルモンです。

 

現在、マカが配合された不妊サプリメントは、ドラッグストアやネットなどで沢山販売されています。

 

国産マカや外国産のマカが配合されたものなどさまざまですが、品質管理が徹底された安全なサプリメントを選ぶことが大切です。

 

葉酸で着床促進や受精卵の成長にアプローチ

 

葉酸にも着床促進や受精卵の成長にアプローチしてくれる働きと、子宮内膜の強化と子宮内の血行促進の働きがあるとされています。

 

これにより着床が促進されて、着床後の受精卵も健やかに成長してくれます。

 

子宮内膜の強化

 

葉酸を含む不妊サプリメントを妊娠前から服用しておけば、子宮内膜がフカフカに厚く強化され、着床しやすい環境を整えてくれます。

 

子宮内膜の強化によって受精卵もしっかりと守られるので、着床の定着率も高めることが出来ます。

 

子宮内の血行促進

 

血液を作る造血作用や血液をサラサラにする作用も葉酸にはあるので、子宮内の血行も良くなります。

 

着床したあとの受精卵には、栄養や酸素が血液によって運ばれて、受精卵もすくすくと成長していきます。

 

血行が良くなることで受精卵の成長も促進され、流産や先天性異常なども防ぐことが出来ます。

 

血行を良くして冷えやストレスのない身体作りも大切

 

着床する確率を高めてくれる「マカ」や「葉酸」が配合された不妊サプリメントを利用するのと同時に、大切になるのが毎日の生活です。

 

身体の冷えやストレスは、妊娠力を下げる原因となります。

 

どんなに良い成分を摂っても身体が冷えていては子宮もカチカチに冷え、着床率が落ちますから、腹巻やひざ掛けなどでいつでも身体が冷えないように工夫しましょう。

 

ストレスも自律神経の働きを乱しホルモンバランスを乱す原因となるので、これにより着床率が低下します。

 

ストレスを溜めないゆっくりとした生活を心がけることも大切です。